2015年12月20日

【海外制汗剤】デトランスαの副作用

デトランスαはヨーロッパの製品です。

デトランスα



外国製ということで、
日本人の肌にはキツすぎて合わないんじゃないかな?と、
副作用などが気になるところですよね。

また脅威の威力で、
脇汗を抑え、止めてしまうので、
体に影響はないのか、心配です。

心配

デトランスαを使った方の中で、
一番多いの副作用がかゆみです。

私もかゆみが出ました。

私の場合は、
夜寝る前に、1日1回の使用なのですが、
塗った直後はそんな変化はありません。

初めて使って10分くらいしたころかな?
かゆみがありました。

我慢できないほど、
めちゃくちゃかゆいってほどではありませんでしたが、
ジワジワとチクチクしたかゆみです。

でもしばらくすると気にならなくなりましたので、
我慢できる程度ですね。

そして2日目も、かゆみは出ましたが、
初日より随分かゆみが軽減されていました。

そのうち、続けて使っていくと、
かゆみはなくなり、すっかり馴染んでいきました。

笑顔

赤くはれることもなく、湿疹もその後は、
全く出ず、浸みることもなく痛みもありませんでした。

ただ脇の処理をした後は、絶対に使用はしてはダメです。
これはちゃんと守るべき注意事項として記載されてます。

大丈夫だろうと、使ってみた私ですが、
正直、ヒリヒリとしてきてしばらく痛かったので、
脇処理後の使用はやめておいた方が無難です。

湿疹が出る方もいらっしゃるようですが、
もしひどいようなら一時状態がよくなるまで使用を中止して、
落ち着いてから使うといいと思います。

もし敏感肌などで気になる方は、
コットンに水を含ませ、先に少し脇を湿らせて、
そのうえからデトランスαを塗ると、いいかもしれません。

同じような悩みを持った友達に勧めてみたら、
「私も使ってみる!」と買ったらしく、
肌の負担が心配だったので、
最初から脇を湿らせて使ったけど、
ちゃんと効果や実感があったよ〜って言ってました。

デトランスαには、
市販の制汗剤には配合されていない、
制汗作用が優れている塩化アルミニウムが入っており、
多汗症やワキガの治療に外用薬として使っている病院もあります。


デトランスα


またあれだけ出ていた脇汗が止まることによって、
その汗、水分はどこへ行ってるのか?って思いますよね。

私はトイレの回数が増えました(笑)
きっと脇の汗以外のところで、排出されてます。

最初の頃は、なんでこんなトイレに行くんだろう?って、
わからなかったのですが、
デトランスαを使った日は、
かなりトイレに行くことが多いことに気づき、
よく見ると付属の説明書きにも、そう書いてありました。

脇汗が出ていた分、ちゃんと他の方法で、
水分が出ているなら安心ですよね。

トイレに行くたび、
「こんなに脇汗として汗が出てたの?」って、
ある意味、凄いなって思いました。

デトランスαは、
1日1回、夜寝る前の使用だけです。

昼間、塗り忘れたからと言って、
使っても効果はありません。

でも最初の1週間〜10日くらいの間は、
毎日付けるのですが、
ドンドン脇汗が出なくなるのを感じて、
付け始めから、2〜3日で脇汗をかかなくなるんです。

持続性があるのも、デトランスαの特徴。

最初のうちは、かゆみが出てもしばらくすると収まるので、
正直、脇汗が止まり、抑えることができることが優先しちゃうから、
それほど気にならなくなります。

初回限定はお得に購入できます。
脇汗に悩んでいる人におすすめです。

脇汗を止めるデトランスαを試してみる。

◆脇汗を止める方法トップページへ
posted by 脇汗を止める&抑える方法 at 21:19 | デトランスα | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする