2016年07月23日

脇汗の汗ジミを目立たせない方法

脇汗が気になる!
脇汗、やばい。
って思ってる人の中で、
何が一番気になりますか?と聞いたら、
「汗ジミ」と答える人って多いと思います。

汗ジミって、色の濃いシャツを着ると、
少しの汗でも染み出ててると目立ちますし、
見えるとあまりいい気はされないので、
できるだけ隠したいですもんね。

私もこの汗ジミには、
長年悩まされました。

よく使っていたのが脇汗パット。

中でも
すごく重宝して使ったのが、
下着に付けるアジャスタータイプの脇汗パット。

001600.jpg
楽天市場で探してみる)

紐の部分で長さを調節可能なので、
脇の位置にちゃんとパットを、
持ってくることができます。

固定されるから、
ずれることも、落ちることもないので、
脇汗をしっかりキャッチしてくれます。

パットの大判タイプがあって、
脇汗の量が多い人も大丈夫。
と言いたいところですが、

私の脇汗の量は、
半端なく多かったので、
3時間くらいすると、
パットに吸収しきれなかった汗が、
じんわりと汗ジミとして広がってきました。

だけと貼るタイプよりかは、
パットが落ちるかも、ずれないてない?と、
気が気でなかったので、
このアジャスタータイプは、
その点の安心感はありました。

後は、
シャツにパットが縫い付けてあるタイプ。

bkurjoQ2Xr9JVPV_WlRDw_25.jpeg

キャミソールタイプだったり、
シャツタイプもあって、
どれがいいのか、
選ぶのに迷うそうなくらい。

結構薄手のタイプが多いので、
重ね着しててもわかりにくいです。

このタイプも大判パットが付いてたり、
吸収力が優れてるものもあります。

がしかし、
重ね着することになるので、
それで余計に体温も上がり、
汗が出てきてしまうので、
脇の汗ジミだけじゃなく、
背中とかの汗ジミも気になってしまいます。

汗ジミが広がってる!
といつも気にしなくちゃいけないのは、
かなりのストレス。

やっぱり私の脇汗には、
これを使しかないです。

☆脇汗を止める&抑える方法はこれしかない。汗ジミ対策にもおすすめ



posted by 脇汗を止める&抑える方法 at 21:34 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする